活用シーン
USE SCENE

■ただプラの活用シーン■

ーただプラで出来る5つのことー

①ラフプラン作りに活用

●まずは希望の条件をピックアップして、
ただプラのデータベースから 理想に近い間取りのラフプランの基準となるプランを探そう!

●すかしを外して見たい場合、

  • 1図面は無料でダウンロード

  • 【有料】2図面目以降は、1枚150円でダウンロードできます

★Point1

土地が決まっている場合:土地と建設予定範囲に対して、希望の条件に近いプランを探してみよう。

土地が決まっていない場合:希望の条件を実現するために必要な広さの見当や、実現したい条件の間取りイメージや動線などを探してみよう。

★Point2

●素人が1から間取りを描くのは大変です。
間取りの作成とは、意外にも難しいもの。

●実際には建たない、非現実的なプランの雛形から始めるよりも、
一級建築士が設計して実際に建築されたプランのデータベースの中から希望に近いプランを探し、家族で話し合って、希望に沿って間取りを
「カスタマイズ」してみましょう。

ただプラを活用した、間取りの「カスタマイズ」とは?

●通常、注文住宅の間取り図面を作る際には、設計事務所や住宅メーカーへ出向き、数度の打ち合わせを重ねて間取りを変更したり、部屋追加したりしながら理想の間取りを完成させていきます。

●このような「間取りの変更・部屋の追加など」編集する作業を、
スマホを活用してできるよう実現したのが、ただプラの「間取りカスタマイズ機能」です。

●カスタマイズしたい内容を図面に反映する場合

【有料】1ヶ所500円で作成できます

★Point3

●通常であれば忙しい中でも時間を作り、打ち合わせを重ねて完成させる間取り図面作り。
ただプラでは、「いつでも、どこでも」カスタマイズ可能!
気が向いたときに間取りの編集を依頼することができます。

★Point4

●間取りの編集も、ただ単に希望条件を適当に図面へ反映するだけではNGです。建築物として、きちんと成り立つように図面へ反映しなければいけません。

●その点、ただプラのサービスは全て一級建築士監修なので安心!
希望条件のカスタマイズ依頼について、適正な知識をもとに間取りの編集を行いますので、
「設計士さんとの打ち合わせと同じクオリティ」の間取り図面を提供することができます。

★Point5

●「注文住宅か、建売戸建か、分譲マンションか」まだ決めていない段階の比較参考のためにも、ただプラは有効です。

●注文住宅を選んだ場合のシュミレーションとして、希望の条件を反映した間取り図面を気軽に作成してみることが可能です。

●上記のような段階では、設計士さんに依頼して打ち合わせを始めるのは中々難しいもの。
ただプラを活用すれば、一級建築士が設計した間取り図面をもとに、一級建築士監修のもと、理想の間取りを具現化することができます。

間取りの平面図が完成したら、立体のイメージも作成可能!

●間取りが決まったら、実際に建つイメージが気になるもの。
ただプラでは、立面図とイメージパースの作成も可能です。

●立面図作成(屋根をかぶせた状態の白黒の立体図面)を依頼する場合

  • 【有料】1図面3,000円で作成できます

●パース作成(外装・内装のイメージを完成させたカラーの絵)を依頼する場合

  • 【有料】1図面5,000円で作成できます *立面図作成3,000円が含まれます。

②プランの比較

●ただプラのデータベースから、希望条件を兼ね添えた複数プランの比較をしてみましょう。

●または、既に現在進行形で設計打ち合わせ中の場合、そのプランに対してただプラで希望の条件と近いプランを探し、比較して理想の具現化に違った方法がないか、参考にする為の資料として使いましょう。

③プランの客観的な判断

●ただプラで気になったプランにレビューを書いて、第三者の意見を聞いてみましょう。

●または、完成したラフプランや現在進行形で設計士さんと打ち合わせ中のプランを投稿して、第三者の意見を聞いてみましょう。

④施工事例×こだわりの間取りを参考に

じぶんちじまん
プランナーデザイン

●家を建てた先輩の、想いが詰まった我が家について、生の情報をたくさん見てみよう!

★Point6

●希望の条件に対して、どのようにこだわって間取りがプランニング
されたのか見てみよう!

⑤希望のプランの金額相場を知る

●実際に建設するにあたっての適正価格を参考にして、ハウスメーカーや設計事務所の方と金額について対等に交渉しよう!

●適正価格見積もり・仕様書のセットを依頼する場合

【有料】1図面50,000円で作成できます

★Point7

●注文住宅設計の現場は、今でも「設計者主導」。
その原因となるのが、注文住宅=オーダーメイド商品という特徴です。

●それゆえ、御施主様にとっては金額を比較する対象を見つけることが難しく、その相場が分かりづらいと言うのが現状でしょう。

●住宅メーカーや設計事務所より提示された見積もり金額は、何を根拠に適正と判断するのか?
ただプラでは、その根拠となる判断材料として活用いただけるよう、「適正価格見積もり・仕様書のセット」を提供しています。

閉塞的な建築業界の常識を、ユーザーファーストへ。
注文住宅設計の現場を家を建てる人である御施主様主導に変え、
適正な選択肢を持ち、自由な家づくりができる未来を目指しています。